優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
  • 癒しの猫図鑑 猫種ごとの写真で探せる図鑑サイト

管理室

ようこそ『癒しのスフィンクス ブリーダー・キャッテリー』へ!!

キャット イメージ

『癒しのスフィンクスブリーダー・キャッテリー』は全国のブリーダー・キャッテリーの子猫を紹介する、『ペット医療保険』を完備しているブリーダー・キャッテリー子猫直販サイトです。
ペットショップを通さない専門ブリーダー・キャッテリー直販で、掲載の子猫は健康でかわいい子猫を安心して通常よりお安い値段で購入できます。
また、『180日ペット医療保険』を完備していますので、お迎えした子猫に万が一のことがありましても、ブリーダーやキャッテリー、購入されたお客様に極力負担なく問題を解決できるようになっております。
掲載しているブリーダーやキャッテリーは、独自に設けた厳しい基準をクリアしていることはもちろん、猫を愛し、熱意を持って繁殖・飼育に取り組む優良なブリーダーやキャッテリーです。
健やかに育ったかわいい子猫たちを、新たな家族として『癒しのスフィンクスブリーダー・キャッテリー』からお迎えください。

無料保険 癒しの子猫経由で購入された子猫には6ヶ月間の無料医療保険付き

当サイトにて子猫ご成約して頂いた方への特典があります!

プレミアム子猫をもっと見る

子猫をもっと見る

スフィンクスについて

スフィンクスの特徴

無毛とされているスフィンクスですが、実は全体にうっすらと桃の表面のように毛が生えています。また、手足の先など、ところどころにわずかに毛が生えることがあります。
皮膚には大きなしわが寄っており、色素がついている部分があります。
大きな耳がついた頭部は、額が広く、レモン型の大きな目があり、ひげは生えていません。
体重は3.5~7kg程度とされています。

スフィンクスの性格

スフィンクス

スフィンクスは非常に人間が好きで、気を引きたい様子がよくわかる猫です。
猫としては大変人見知りが少なく、初めて会った人間にも懐っこく接します。
明るく遊び好きで、時にユーモラスでもあります。
欧米では、「スフィンクスは猿と犬と猫でできている」と言われたりするほど猫らしくない面があり、家庭内のほかのペットとも上手に付き合っていけます。

スフィンクスの気を付けたい病気

スフィンクスは無毛の遺伝子が原因となり、出生直後から数週間のあいだに、呼吸器を中心に感染症が起きることがあります。
このため、スフィンクスのブリーダーは出生から少なくとも2~3カ月程度は病気をもらわないように家庭内で厳重に管理しています。
免疫力が極めて弱い時期になりますので、家庭に迎えた直後も清潔な環境を作り、皮膚の手入れもきちんと行いましょう。
スフィンクスは遺伝的に心臓病の起こりやすい猫でもあります。
主に見られるのは、肥大型心筋症と僧帽弁(そうぼうべん)形成異常の2つの疾患です。ある調査では30%以上のスフィンクスになんらかの心臓疾患があるという結果も出ているようです。
肥大型心筋症、僧帽弁形成異常ともに、スフィンクスでは3歳ころに発症または発見されることが多いようです。
心臓病では全体に元気がなくなり、ぐったりと寝ていることが多くなります。
治療は不可能ですが、投薬で体が楽になることがありますので、気づいた時には早めに動物病院を受診するようにしましょう。
猫は外的刺激でがんなどを引き起こすことがあります。
被毛のないスフィンクスは紫外線の影響で皮膚がんを起こす可能性がありますので、保温も兼ねて衣類を着せてあげるのも良いでしょう。

2020年08月07日更新